М&Aを実現するさまざまな法的手段~そのメリットとデメリット

M&Aとは、どのような手続きなのだろうか

M&Aとは、直訳すると企業の合併と買収を意味しますが、実際には合併や買収だけでなく事業の一部譲渡や資本提携をも含む広い意味で使われます。M&Aには様々なやり方があり、その一つが合併です。合併とは二つ以上の複数の会社が合併して一つの会社とすることです。合併によって会社のスケールを大きくできるというメリットがあります。その際、合併する際に新しい会社を作る新設合併と一つの会社が存続しもう一方が消滅する吸収合併があります。新設合併は手続きがとても複雑で面倒なのであまり行われません。これに対して吸収合併は新設合併より手続きが簡単なので、合併をする場合はこちらの手続きを行うのが普通です。具体的には消滅会社の株主に存続会社の株式を交付することにより行われます。

様々な手続きの特徴とは

M&Aには株式譲渡で行うやり方があります。これは株主が変わるだけですから、売り手の会社はそのまま存続します。株式を譲渡するだけなので、合併より手続きが合併より簡単だというメリットがあります。ただし、譲り受けた側は、そのまま経営権を引き継ぐことになるため債務も引き継ぐことになります。そのため財務状況を十分にチェックして譲渡を受ける必要があります。M&Aには新株を発行して、それを引き受けて経営権を取得するやり方もあります。これは既存株式では目標の保有割合に達しにくい時などでも経営権を取得させやすいというメリットがあります。その他M&Aには事業譲渡で行う方法があります。これは企業の全部または一部を買収したいときに使われます。このやり方だと売り手側の会社の債務を自動で引き継ぐことにならないので、株式譲渡より安全性が高い手続きです。しかし株式譲渡より少し複雑な手続きになるデメリットもあります。