「自社を幸せにする」М&Aとは?

М&Aとは企業と企業が一つになることです

世界の経済状況が緊迫する中で、各企業が生き残りをかけて行なう最終手段の一つがМ&Aです。М&Aとは合併を意味する英語であるマージャーズと買収を意味する英語のアクイジションズを掛け合わせた言葉です。この言葉を意味するとおりに、М&Aとはお互いの事業の利点を掛け合わせて新しいものにするために企業と企業が一つになることです。そのМ&Aを行なう手順は合併と買収となるように、企業と企業の関係によって違いが生まれます。企業と企業のレベルがほぼ一緒である場合には、お互いの債権を回収しあって合併を行ないます。企業と企業のレベルが片方が著しく高い場合には、その高いほうが低いほうの債権を回収することによって買収するという流れになります。

М&Aとは決して悪いことではない

企業と企業がお互いのメリットを考えて合併もしくは買収し一つの企業になるのがМ&Aです。М&Aを行なうことによって社名を失ってしまうが、その代わりに企業と企業が結びつくことによって莫大な資本力を得ることが出来ます。莫大な資本力は活動資金であり、その活動資金の安定があれば率先して投資できます。投資が出来れば新しい商品開発や新しい事業も率先して行なえるので企業価値が向上していきます。企業価値が増えれば、その企業価値の魅力から次々と投資家からの投資が始まるのでより企業が安定して活動できることになります。このようにМ&Aの成功失敗の判断基準は合併買収後の企業状況に左右される側面はありますが、М&Aは資本力が落ちていた企業にとって新しい出発点ともいえる仕組みです。