М&Aとは何か?

М&Aの意味とメリット

最近ではベンチャー企業が多くなってきたことで、M&Aという言葉をよく耳にするよになりましたが、その意味やメリットなどについて知らない人も多いでしょう。M&Aとは、2つ以上の企業による合併や買収を総称したものであり、英語のMergers and Acquisitionsを略した言葉です。M&Aのメリットについては、買収を行う側と、買収される側の両方にあります。まず買収を行う側のメリットとしては、相手側の資産を得られることや、新しく会社を作るより効率が良いこと、そして事業を拡大できることなどが挙げられます。一方の買収される側のメリットとしては、相手側から資金援助が受けられることや、事業そのものをお金に換えられることなどがあると言えるでしょう。

М&Aに含まれる合併と買収の違いとは

また、M&Aを知るためには、合併と買収の違いも知っておく必要があります。まず合併とは、人材やノウハウといった会社にとっての資産となるものを買い取るという方法を指します。合併では、それを行うことで会社の規模を大きくできます。しかし買い取りを行われた側の会社は、社名を変更させられたり、買い手側の事業スタイルに変更させられたりする場合が多いと言えるでしょう。一方の、買収とは、株を購入することで相手側の会社を自分の会社にする方法を指します。買収では、相手側の会社の株を過半数以上購入することにより、経営権を掌握することが可能です。そして買い取りを行われた側の会社は、以前のままの形で存続できる場合が多いと言えるでしょう。M&Aでは、これらのことをお互いに話し合いながら行う場合は友好的なものになりますが、一方的に行われる場合は敵対的なものになってしまうと言えます。